人気の車種は中古で買うほうがいい?

あなたの中古車選びをサポートする総合情報サイト

>

中古車購入には注意が必要、ポイントを整理してチェックしよう

まずは販売店選びをしよう

最近は少なくなってきましたが、「事故車なのに事故歴を隠す」、「走行距離を不正に操作する」そういった販売店もないとは言えません。どんなに気に入った車があったとしても後々トラブルになりかねませんので販売店の評判は確認しておきましょう。

現在はインターネットで検索すればほとんどの販売店の評価はすぐに確認できますからね。良心的な販売店であれば車もある程度信用できることが多いのではないでしょうか。
とはいってもどうしても欲しい車が評価の低い販売店にあったらどうしましょう。そういう場合は自分だけでなく車に詳しい人に一緒に見てもらうことでリスクを減らせることもあります。自分だけで行くとどうしても「欲しい!これしかないんだ!」なんて思ってしまい客観的な判断が出来なくなる場合がありますので、知識のある人に一緒に行ってもらい実車を確認すればリスクを減らすことが出来ます。

実車確認のポイント

販売店の確認が終わったら実車を確認することになりますが中古車にはいくつかの確認必須項目がありますのでここではそれを見ていきましょう。
先ず初めに年式と走行距離を確認します。まあこれは定番なのですが必ずやりましょう。
ところで前述した基準はまとまっていますか。ここでその基準を思い出してくださいね。
「室内の臭いはどうか」、「全体の傷はどうか」、「少し離れてみて全体にゆがみはないか」といった自分で「決めた基準に基づいて確認する」ことを手間と思わず実施することで見落としや漏れが少なくなりますよ。
最後にもし可能であれば試乗の可否を確認し可能であれば是非試乗しましょう。ここで問題がなく納得したら契約を検討しましょう。ただできれば一日置いて冷静になって判断というのもありですよ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る